FXのレバレッジについて

FXの大きな特徴として、レバレッジというものがあります。

これは、自分の資金を証拠金として預けることで、その何倍ものお金を借りて運用させてもらえるというものです。

このメリットは何かといいますと、借りて運用したお金そのものは自分のお金ではありませんからいずれはFX会社に返さなければなりませんが、その運用で得られた利益については、まるまる自分のものになるということがあります。



例を挙げて説明しますと、例えば1ドルが100円のときに100万円の自己資金で運用を開始したとします。
普通ですと、1万ドルしか買えませんしもちろん1万ドル分の運用しかできません。



ところがここでレバレッジを例えば5倍に設定したとしますと、100万円のお金でその5倍の500万円のお金を運用させてもらえ、5万ドルが運用できます。

自己資金との差額である400万円は、あくまで借り物だということを忘れないで下さい。為替相場が変動し、1ドルが110円になったとしましょう。



すると、金利や手数料などを無視すれば、運用した5万ドルは550万円となって返ってきます。
ここで、借り物である400万円をFX会社に返します。あくまで借りたお金を返すだけであって、運用益はまるまる自分のものになるということを忘れないで下さい。

残りの150万円は自分のものです。

元の自己資金は100万円だったわけですから、為替相場の10%の変動によって50万円、つまり50%の利益が出たことになります。