FXと株式投資の違いについて

FX取引と株式投資取引は、共に価格が上昇、又は下降するこうでとで売買益を得るというものですが、その投資手法には大きな違いがあります。FX取引は、少ない証拠金にレバレッジをかけることで大きな金額の取引を行うことに特徴があります。

つまり、リスクをとることによって少額の資金で大きなリターンを狙おうという投資です。
これに対して、株式投資は基本は現物t取引で、信用取引という方法もありますが、FXのようにレバレッジをかけるというほどのものではありません。
従って、株式投資の場合には、大きな利益を狙うためには長期投資となる傾向が強く、安いところで買うという逆張りすほうが有効になり、株価が値上がりしたところで売却します。



つまり、途中で損失が発生したとしても含み損であり、売却しない限りは実損は発生しません。

FX取引の場合には、含み損であっても証拠金維持率を保つことができないと追証が発生することになりますし、追証を入れないと強制売買されることになります。



従って、安いところでエントリーしてという逆張り手法はなじまないということになります。FX取引の場合には、トレンドの発生を待って発生した方向にのって短期間で利益を出すという手法が有効となります。

従って、トレンド発生を見極めるということが重要となりますが、トレンド発生時の高いところでエントリーして、さらに高いところでエグジットするという手法が有効です。

もちろん、株式投資のデイトレードでも有効な手法ですが、レバレッジがそれほどかけられないため、株式の場合には相応の元金が必要となります。