FX取引における日本円の特殊性

日本のFX投資家の多くは、当然ではありますが、自国通貨である日本円を含む通貨ペアを主に取引しています。


FX取引で代表的なのが、米ドル円です。



その他、ユーロ円、ポンド円なども日本のFXではよく取引されます。



日本人からすれば、日本円は一番馴染みの深い通貨なのですが、意外にも世界の通貨の中ではかなりの特殊性を持った通貨でもあります。

まず、1つ目は、世界でもまれに見る低金利の通貨であること。
近年は、日本ではデフレ解消のために大規模な金融緩和が行われ、マイナス金利政策すら導入されている状況です。



日本円をどれだけ保有しても全く金利収入は得られないことから、投資家のスタンスとしては、日本円を売ってより金利の高い他国通貨を買うのが一般的となります。

また、2つ目は、日本国内にいると、日本は借金まみれの国というイメージが強いですが、対外的にはドルなどの外貨を多く保有する安定した債権国として知られています。
世界での、日本円に対する信用は意外と強いのです。

さて、世界が安定している状態では売られる傾向にある日本円ですが、リーマンショックなどの世界を揺るがす一大事件が起こったときはどうなるでしょうか。


これまで金利の高い外貨を保有していた投資家が、リスク資産圧縮のために一斉に日本円を買い戻すのです。
また、日本円は安全資産という認識があるため、さらに日本円買いは膨らみます。つまり、大きな事件が起こった場合には急激な円高が生じる可能性が高いということです。

実際、ドル円でも一夜で10円以上下落したこともありました。FXにおいて日本円がらみの通貨ペアを主に取引されている方は、急激な円高が発生することのリスクを普段から留意しておく必要があります。